TOHOKU IGNITIONDAY1

リノベをまなべ!! 今、東北でリノベがアツイ理由

第1回のテーマは「東北のリノベーション」
リノベ、建築、不動産活用、エリアマネジメントなどに関わる東北の方をゲストとしてお招きします。
今この分野は地方のほうが熱いんです。なぜ地方なのか、なぜ東北なのか、リノベ市場は?将来性は?素朴な疑問、大歓迎。
仙台、花巻のリノベーションまちづくり業界で活躍する話題の4人があなたをお待ちしています。

SCROLL UP

日時

2016年9月28日(水) [第1部] 19:00〜20:30 / [第2部] 20:30〜22:00

場所

アーツ千代田3331:東京都千代田区 外神田6丁目11-14(東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分)

定員

60名(先着順)

参加費用

1部のみ参加の方 → 無料
1部+2部に参加の方 → ¥3,000(懇親会費含む)

懇親会のテーマは秋田!

B級グルメの草分けである「横手やきそば」をご提供します。
また、秋田の日本酒も1升ビンで3本〜4本準備します。

お問合わせ

TOHOKU IGINITON 事務局(一般社団法人MAKOTO)

※本イベント取材をご希望の方はこちら

mail send

登壇者

  • 岩間 友希

    株式会社都市設計 ディレクター

    株式会社伊達の家守舎 代表

    会社を一言で説明してください

    はみだし設計屋(修行中)
    仙台で公共物の建築設計を40年続けてきた(株)都市設計ですが、これからの時代に合わせ、外側だけでなく内側も楽しくするべく、東北の中小企業の新商品開発・ブランディングのほか、リノベーションを通じた遊休空間の付加価値化に取り組んでいます。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    周りの人が普通に「旬」を知っていて、
    15時には季節の果物が出てきたり、
    18時には飲み会が始まるライフスタイル。
    東京と比べればオシャレではないけれど、
    生活する都市としての機能は十分、あと一振りスパイスが足りない。
    じぶんでも、そのくらいなら考えられるんじゃないかってもう1歩感が楽しい。(仙台)

  • 小友 康広

    株式会社花巻家守舎 代表取締役

    会社を一言で説明してください

    花巻駅前エリア(半径200m以内)をリノベーションまちづくりを通じて「チャレンジする大人が集まるまち」にする会社

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    マルカン大食堂 と チャレンジする大人たち

  • 高野 裕之

    高野建設株式会社 代表取締役 副社長

    http://www.marumori-drone-field.com/

    会社を一言で説明してください

    公共土木インフラ工事の施工、現場マネジメント。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    東北の冬。

  • 本郷 紘一

    株式会社GUILD / 株式会社iiD 代表取締役社長

    会社を一言で説明してください

    GUILDinc:美容室,NAIL,飲食
    iiDinc:イベント企画開催
    どちらも仙台をもっと面白くする仲間の集まった会社

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    日本で一番住みやすい街であること

  • モデレーター

    洞口 文人

    仙台市 都市整備局 市街地整備調整課 技師

    会社を一言で説明してください

    お堅いお堅い行政の中で、民間と共に新しいことを実行するために役所内で動き回る。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    地域にある文化資源、培った生業と風景

イベントレポート

TOHOKU IGNITIONDAY2

東北から始まる「食と一次産業」のイノベーション

第2回のテーマは「食と一次産業」

東北地方の 食、お酒、農業、漁業など、食と一次産業に関わっている方々をゲストとしてお招きします。
震災後、東北地方の一次産業では様々な挑戦が始まっています。一次産業の現状とそれを打破するためのチャレンジなど、色々とお話をお伺いします。東北地域の食料自給率は109%。全国平均は39%ですから、圧倒的です。この強みを東北地方はどう活かしていくのか?そして、生きる事は食べる事です。私達はどうやって一次産業と関わりながら生きていけば良いのか?私達のこれからの生き方まで、考えるキッカケになればよいと思います。

SCROLL UP

日時

2016年10月26日 [第1部] 19:00~20:30 / [第2部] 20:30~22:00

場所

銀座ファーマーズラボ:東京都千代田区有楽町2丁目10-1
(JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」京橋口・中央口より徒歩1分、地下鉄有楽町線「有楽町駅」D8出口「銀座一丁目駅」2出口より徒歩1分)

登壇者

  • 高橋 博之

    特定非営利活動法人東北開墾 代表理事

    会社を一言で説明してください

    「世なおしは、食なおし」消費文化のなかで分断され、ともに疲弊する都市と地方・生産者と消費者を「食」を通じてかきまぜ、たくさんのコミュニティを生み出すことで解決する。史上初の食べ物つき情報誌サービス「東北食べる通信」など、都市と地方・生産者と消費者をつなぐ事業を開発しています。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    海と山、親潮と黒潮、険しい山地と広大な平野、そして蝦夷の昔から息づく神々。多様な自然とそこで育まれる命の恵み、そして文化が岩手県の宝です。

  • 毛利 親房

    株式会社仙台秋保醸造所 代表取締役

    会社を一言で説明してください

    仙台の奥座敷秋保温泉郷の中心部に位置する宮城県で唯一のワイナリー。人、地域、文化、産業をつなぎはぐくむワイナリーを目指し、地元宮城の食や工芸と連携を図り、宮城の特産品のPRや新商品開発を行っております。 今後ワインツーリズムなどにも取組み、交流人口の拡大や食のPRをより一層進めていきます。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    日本三大御湯と奥州3名湯に数えられる秋保(あきう)温泉は歴史も古く、その泉質や仙台駅から車で約30分という立地の良さから多くの観光客が訪れます。また神社仏閣も多く、豊かな自然環境も魅力です。
    秋保町は南北に山が広がる谷の町であり、年中吹き抜ける風が湿気や夏の猛暑を防ぐことから農産物も有名です。米、そば、大豆、オーガニック野菜も人気があります。

  • 会社を一言で説明してください

    震災関係なく、右肩下がりになってきた日本の漁業を盛り上げるべく、「カッコいい、稼げる、革新的」な新3Kフィッシャーマンを1000人つくるため、100億の産業を興すために立ち上がった漁師団体です。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    世界三大漁場と呼ばれる豊かな海。そしてそれを代々まもり、島国日本の魚食文化を支えてきた漁師、魚屋をはじめとする漁業者ひとりひとり。今では、そんな海や漁業者に惚れて様々な活動をする移住者たちも町の宝物と言えると思っています。

イベントレポート

TOHOKU IGNITIONDAY3

ITと近未来技術が拓く東北の未来

第3回のテーマは「東北のIT ☓ ドローン ☓ ワクワク」

今、東北では「IT」や「ドローン」といったキーワードで、ワクワクする新しいチャレンジが生まれています。
地域にイノベーションを起こす、若者が地域に残れる仕組みを作る、地方からオリジナルのプロダクトを生み出す、こうしたアツい思いを持ってチャレンジを続ける、ギークな皆さんに会いに来ませんか?

SCROLL UP

日時

2016年12月2日(金) [第1部] 19:00-20:30 / [第2部] 20:30-22:00

場所

池袋 Bathroom :東京都豊島区池袋2-64-11 平和ビル3F

定員

60名(先着順)

参加費用

1部のみ参加の方 → 無料
1部+2部(懇親会)ご参加の方 → ¥3,000(懇親会費含む)

お問合わせ

TOHOKU IGINITON 事務局(一般社団法人MAKOTO)

※本イベント取材をご希望の方はこちら

mail send

登壇者

  • 白岩 靖史

    仙台市役所 経済局産業振興課長

    会社を一言で説明してください

    仙台東北そして日本の未来を切り開く地元企業を発掘し、成長のきっかけを作るのが私の使命です。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    仙台の宝物は、海、田園地帯、都市部、山、温泉をすべて楽しめる贅沢さ

  • 古山 隆幸

    一般社団法人イトナブ石巻 代表理事

    会社を一言で説明してください

    ここから石巻のITが変わる。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

  • 相澤 謙一郎

    タイムカプセル株式会社 代表取締役

    会社を一言で説明してください

    地域から日本を元気にする会社です。仙台&東北では「スポーツ×ITで東北を元気に!」を合言葉に活動しています。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    未知の魅力に出会える場所。東北は宝の山です。成長するチャンスのある地域だと思います。

  • 出村 太晋

    株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン 代表取締役社長

    会社を一言で説明してください

    ブイキューブロボティクスは、ドローンなどのロボティクス技術とビジュアルコミュニケーション技術を組み合わせたソリューションの提供を行っています。
    私どもの最新のソリューションをいち早く提供していくことにより、多くの人には何が変わったのかを意識することがない/分からないような形で多くの日常業務をドローンをはじめとしたロボティクスソリューションに代替させていき、生活の中で当たり前のようにロボティクスソリューションが活用されている社会を実現していきます。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    自然・農林漁業・伝統産業が豊かで、祭り・名勝地・史跡等も数多く存在するため、観光する場所として非常に魅力的。
    東北の皆さんが地域に対する愛着心が非常に強く、地域活性化のために尽力する志のある人が多い。
    (我々の事業目線でいうと)中山間地域としての課題が非常にクリティカルで、かつ被災地であったということから課題解決に対する意識も非常に強い。

  • モデレーター

    原 亮

    エイチタス株式会社 代表取締役

    会社を一言で説明してください

    共創を通じたソーシャル・イノベーション創出支援

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    生活の町として:おいしいものが当たり前のように味わえる
    挑戦の町として:資源発掘と人材集積による発展可能性の高さ

イベントレポート

TOHOKU IGNITIONDAY4

1人1人の志が切り拓く東北の未来

第4回のテーマは「志とビジネス」

今、東北では新しい形のビジネスがいくつも生まれています。なぜ、今ここで事業をやるのか?お金のためでもなく、自分の為でもなく、株主の為でもなく、ただ地域の未来のために必要だからという、たった一人の想いから全てが始まっています。一見無謀とも見えるビジネスだとしても、創業者の強烈な思い(志)が周囲の人々を惹きつけて、仲間を増やしながら、一歩一歩事業を進めています。本イベントでは、地域の未来のために事業を立ち上げた東北の起業家3名をゲストにお呼びして、アツく語って頂きます。「新しいビジネス」を体現しつつある3名の起業家と交流し、真のアントレプレナーシップを感じませんか?そして、2020年代に必要な事業運営のエッセンスを学びませんか?

日時

2017年1月18日 [第1部] 19:00~20:30 / [第2部] 20:30~22:00

場所

3×3 Lab Future:東京都千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル1階

お問合わせ

TOHOKU IGINITON 事務局(一般社団法人MAKOTO)

※本イベント取材をご希望の方はこちら

mail send

登壇者

  • 半谷 栄寿

    一般社団法人 あすびと福島 代表理事

    会社を一言で説明してください

    福島に新しい価値を創る人材を育成するため、
    小中学生には再エネの体験学習、高校生と大学生には「あすびと塾」と称する社会起業塾を展開しています。

    「高校生が伝えるふくしま食べる通信」は、高校生あすびと塾から生まれた最初の社会的事業です。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    南相馬の宝物は、なんといっても、1千年の伝統を持つ相馬野馬追祭です。
    そして、東日本大震災と原子力の事故により高齢化が著しく進んでしまった南相馬を、 課題解決先進地域とすることが新しい宝物になります。

  • 亀山 貴一

    一般社団法人 はまのね 代表理事

    会社を一言で説明してください

    牡鹿半島の浜を持続可能な集落にするために、地域資源を活用したなりわい・暮らしづくりをおこなっている。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    震災後の石巻には全国からチャレンジャーが集まり、一言で言い表せない謎のベンチャー(通称:謎ベン)がたくさんできている。

  • 竹川 隆司

    東北風土マラソン&フェスティバル発起人代表

    会社を一言で説明してください

    東日本大震災からの復興支援の取り組みをきっかけに東北に足を運び、「東北風土マラソン&フェスティバル」を2014年に登米市に立ち上げ、「INTILAQ東北イノベーションセンター」を2016年に仙台市に立ち上げるのに関わるなど、地域を元気にするためのプロジェクトを進めてきました。目標は、この地域の魅力、東北の魅力、チカラを、世界に向けて発信することです。

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    東北という地域の魅力を書きます。東北の魅力は、「風土」そして「FOOD」だと思っています。恵まれた自然、人の温かみを感じられる環境・文化、美味しく新鮮な食、丁寧に作られた日本酒、そんなたくさんの宝物を持っている、しかもそれは世界に誇れる宝物だと、本気で思っています。

  • モデレーター

    藤沢 烈

    一般社団法人 RCF  代表理事

    会社を一言で説明してください

    セクターや地域を超えて、社会課題起点の価値創造を目指す「復興/社会事業コーディネーター」のチーム

    住んでいる町の宝物はなんですか?

    「変化の起点」。東北復興の取り組みが、全国の地域課題解決に影響を与えています。また、復興活動を通じて、社会課題解決の世界的な先進地となりうるポテンシャルを持つ地域となりました。

イベントレポート

Sponsors

  • INTILAQ ホームページへ
  • THE6 ホームページへ
  • TOKAI NICHIDO PARTNERS TOHOKU ホームページへ
  • 弥生 ホームページへ
  • ホームページへ
  • LASSIC ホームページへ