「カッコいい東北の起業家と出会い、新卒で”東北に残る”という選択肢が増えました」

こんにちは!
宮城大学事業構想学部3年、事務局インターンの島越です。
TOHOKU IGNITIONでイベントレポートの執筆を担当していました。

このレポートでは、全てのTOHOKU IGNITIONに参加した東北出身の学生として、イベントから学んだことや、進路に対する考えの変化をお伝えしたいと思います!


自己紹介


私は、岩手県宮古市で生まれ育ちました。
震災で被災し、人と人とのつながりの大切さを知った経験や、NPO法人みやっこベースの活動で宮古の魅力や若者にもできる事があると知った経験から、地元の宮古市が大好きになりました。


(みやっこベースでのワークショップの様子)

「将来は宮古に戻って何かしたい!」と思い、まちづくりが学べる宮城大学事業構想学部に進学。大学では、地方創生やコミュニティビジネスを学び、ゼミではゼミ長を務めています。

また学外では、大学2年生からMAKOTOインターンシップに参画し、主に起業家への取材・執筆や後輩インターンのマネジメント等を行ったり、「岩手わかすゼミin仙台」の運営スタッフとして、仙台市在住の岩手県出身者や岩手ファンをつなぐ活動をしたりしています。


(MAKOTOインターン同期との集合写真)

そんな充実した楽しい日々を送っている私ですが、「地方にたくさん関われる東京のベンチャー企業」に就職し、何年か働いたら東北に戻って仕事がしたいと考え、現在就活中です。

 

TOHOKU IGNITIONに参加して分かった3つのこと

自己紹介でもお伝えした通り、「地元大好き」「将来地元に戻って何かしたい」と言っている私ですが、実はどこか心の奥では、「東京に比べたら東北ってカッコ悪い」「東北の方がレベルが低そう」と無意識に思ってしまっている自分もいました。

しかし、全4回のこのイベントに参加して、
「東京よりかっこいい仕事ができるのではないか」
「東北でこんなに面白いことをしているカッコいい大人がいるのか」
「私も早く地元に帰って何かしたい」
と、大きく考えが変わりました。

東北出身者としての誇りが芽生え、なにより東北で働くこと、生きることにワクワクを感じました。

特に、私がこのイベントで気づいた3つのことをご紹介したいと思います!

 

①人間的な魅力がある人は、新しい働き方をしている!

ゲストの方々には、以下の3つの共通点があるように思いました。

・自分の好きなことややりたいことを仕事として作り、それが地域の役に立っている
・どうしてこの仕事をしているのか、という質問にアツく答えられる
・複数の拠点や複数の仕事を持っている


(DAY2  東北開墾 高橋さん、フィッシャーマンジャパン 長谷川さん)

みなさん目がきらきらしていて、生き生きと仕事されている姿が印象的で憧れました。それと同時に、強い想いがあれば、周りの人を巻き込んだり、地域に変化を生むことができるのだと分かりました。

 

②東北は未来の地域で可能性にあふれている!

「東北は被災したので課題先進地と言われますが、最先端の未来の地なんです。だから私は東京から東北に新幹線で向かうと、過去から未来の地に行くような、ワクワクした気持ちになるんです。


(DAY4  一般社団法人RCF 藤沢さん)

DAY4のモデレーター、一般社団法人RCFの藤沢さんから聞いたこの言葉。これ聞いた瞬間、「なにもない」と思っていた東北が急にキラキラとまぶしい存在に変わりました。

他にも、以下の東北の可能性を知りました。
・お金とか目に見える利益以上に、人とのつながりなどの精神的な豊かさがあること
・東北は震災を経験し問題が山積みだからこそ、未来の地域としてなんでも生み出していけること
・東北は人が少ないからこそ、行動に移せばすぐ変化をもたらせること
・ハーバード大学から学生が学びにくるほど、世界から注目されていること


③このイベントは、確実に参加者にきっかけを届けている!

私自身、東北のカッコいい大人の話を聞いて自分のキャリアを考えられたり、東北にゆかりのある参加者同士で交流できたりと、毎回のこのイベントを心の底から楽しんでいましたが、中でも一番嬉しかったことがありました。

それは、このイベントに参加してくれた、同じ宮古出身で東京の大学に通う私の友達の変化です。地元で働くことに興味がないと思っていた友達が、イベント中ずっとメモをとり、交流会では積極的に登壇者に話しかけていました。


(イベントでの交流会の様子)

その友達は私に、
「ゲストの話を聞いて、自分の地元でも何かできることがあるかもしれないと思った」
「東京就職しか考えていなかったけれど、地元に帰りたくなった」
「どうしてもっと早くこのイベント誘ってくれなかったのか」
と興奮気味に話してくれました。

このように、私を含め東北出身の学生に、東北でチャレンジしているカッコいい大人の存在を知ってもらうことは、東北で働く選択肢を増やすことにつながると感じます。

 

イベント参加後の気持ちの変化

「とりあえず東京で働いて、将来的に東北に戻ってこよう」
「東京の方が、東北より良い環境やチャンスがたくさんあるから成長できるはず」
「将来東北に戻るために、多少辛くても東京で力をつけなきゃ」

私はそう思って、当たり前のように東京で就活をしていましたが、このイベントに参加してからいざ東京で就活してみると、こんな違和感を感じました。

・みんながみんな、ゲストのようなアツい想いを持って働いているわけではないこと
・必ずしも、東京の方がレベルが高い・環境が良いというわけではないこと
・地方から集約する仕事が多く、想像以上に東北に関われなくなること

それまで当たり前だと思っていた東京での就職が、思ってたよりもしっくり来ませんでした。

「東京にいるときの私、わくわくしてる?いきいきしてる?幸せ?」
そう考えたら、もやもやを感じ始めました。

 

「そもそも、東京に行く必要があるの?」

そんなときにお世話になっている社員さんから言われたのがこの言葉です。東京での就活が当たり前だと思っていた私にとっては、すごく衝撃的でした。

それと同時に、言われた瞬間気づきました。
「私がやりたいことは東北にあるのではないか」と。

確かに、MAKOTOインターン生として東北に関わる仕事をしているとき、一回もこんなもやもやを感じたことはなく、むしろワクワクして仕事ができていました。だから1年半以上も続けられたのだと思います。


(東北の起業家との交流イベントの様子)

しかし、東京で活躍する憧れの先輩方を見ていたからこそ、「”東京=何でもある”から、今より絶対に良い環境があるはず。行けば力がつくはず。」と勝手に思い込んでいました。

でも本当は、チャンスを掴んだり、自分を成長させられるのは自分次第であって、場所なんて関係ないんだと思います。何が得たいのかが明確でないまま東京に行っても意味がない、ということに初めて気づかされました。

とはいえ、やはり人生のうち一度くらいは今までと異なる環境の東京で働いてみたい気もするし、「戻っておいでよ」と言ってくれる人がいる地元の宮古市で働くという選択肢もあります。

悩んで悩んでたくさんの人に相談して、でも人それぞれアドバイスしてくれることは同じではなくて、一度決めたと思っても、また考えが変わって、また悩んで…。

その繰り返しで、どれが自分にとって一番良い選択なのか、まだ答えは出せていません。でも結局決めるのは自分自身だし、今悩むのをやめたら絶対に後悔すると思います。

だから、自分の納得がいくまでもう少し悩み続けたいと思います。

 

おわりに

どの選択も捨てきれないし、悩みはつきないし、迷みまくりの私ですが、このイベントに参加して良かったと確実に言えます!

というのも、
「新卒で東北に残るという選択肢が増えた」
「東北でも胸を張って、誇りを持って働ける自信がついた」
からです。


(DAY4の様子)

私の周りでも、「地元に戻りたいけど仕事がないから東京で就職する」という学生はたくさんいます。そんな学生がこのイベントに参加すれば、私のように将来の選択肢が増えると思います。

また、どの選択が良いのかなんて人によって違いますし、実際にやってみないと分かりませんが、きっと東北で働くことが幸せだという人もいるはずです。

だから、私も含め東北の学生みんなが、自分の一番生き生きできるところで、わくわくする仕事をしながら、幸せを感じられる生き方ができるように、選択肢を増やすことは大事だと思っています。

このイベントが来年度も開催されるなら絶対にまた参加したいですし、より多くの東北の学生に参加してほしいと思っています。

2017年3月24日
事務局インターン 島越彩香