「シビレる〜!」って感じるのはどんなとき?

私たちは、2016年1月29日に誕生したばかり、創業1年目のシビレ株式会社といいます。このページにたどり着いてしまったからには、名前だけでも覚えて帰ってください。

photo1

突然ですが、最近シビレた瞬間、ありますか?それは、いつで、どんなときでしょう?憧れの人に出会えたとき、カッコいい音楽を生で聴いたとき、壮大な自然を経験したとき、……など。自分が想像をしていた期待値を超えたとき、人はシビレるんじゃないかな、と思います。そしてもちろん、人によってシビレる瞬間は異なります。

ただ、同じような毎日を反復するだけの生活だと、だんだんシビレる感覚もマヒしてきてしまいます。例えばこんな事例。

地方で生まれ育ち、東京で働き始めて約10年。まわりに居るのは同じような能力や感性の人たちで、社会生活を送るのに大事なのは、その他大勢に徹すること。満員電車で会社に通い、終電で疲れて家に帰る、季節を感じることなく過ぎる年月。

一生東京にいて、本当にシビレる人生が送れるの?

すべての流行が東京から生まれ、すべての情報が東京から発信されていた時代は、すでに終焉を迎えようとしています。特に、パソコンとネット環境とスキルがあれば仕事が成立する職業の人たちにとっては、わざわざ人口過密地域で暮らす必然性は、ほぼなくなってきています。

私たちの社名「シビレ」は、東京に一極集中する現状から、日本各地の個性あるエリアに目を向けてもらいたい。そうすることで得られるかもしれない「シビレる暮らし」を提供したい。そんな思いから命名しました。

エンジニア特化。自分だけの“シビレ”る場所への移住を実現!

シビレでは、エンジニアの地方移住を実現させるための転職支援サービス「sibire」を運営しています。sibireサイトのTOPには、江戸時代に描かれた静止画である浮世絵が、時空をこえ、Web上で動き出しています。ここで描かれている田舎のなかで開発するエンジニア集団は、高度なテクノロジーをつかって、仮装都市をつくりだしています。

photo2

今住む都会を離れて、移住して生活していくには、何はともあれ「仕事」が大事です。sibireでは、この浮世絵で描かれる世界のように、都会でスキルを身につけたエンジニアの皆さんに、自分の好きなエリアで実力を発揮できる職場を提供します。

具体的には、

sibireに登録いただいたエンジニアの方々には、各人のこれまでのキャリアやスキル、これからやっていきたい方向性、そして移住したいエリアをお伝えしてもらいます。登録者の希望するキャリアやエリアで、各人の志向に合った職場を紹介し、転職をともなう移住の実現を支援します。
一方で、都会でキャリアを積んだエンジニアの採用をしたい地方の企業にも協力いただいています。sibireでは、「シビレる求人」と称し、地方でユニークな開発ができる企業情報を紹介しています。

“東京を離れても、今のキャリアを生かせる仕事がある”ことを情報発信しながら、実際にエンジニアを採用したい企業に、優秀なエンジニアの紹介を実現させていきます。

エンジニアのサービス利用は無料で、企業も情報の掲載は無料、エンジニアの受け入れが成立(紹介が成約)した場合のみに紹介料が発生します。

 

エンジニアに移住してもらいたい、その想いとは

私たちのサービスの対象は、主にWebを主戦場とするITエンジニアです。なぜITエンジニアに特化するのか。それは、シビレが実現していきたい世界として、地方のひとつひとつから、エッジの効いたWebサービスやテクノロジーが生まれる状況を創りだしたいという願いがあるからです。

たとえば国内に多く点在する、地方の辺鄙な場所にて、リゾート施設を建設したり集客し続けること、大規模な事業を誘致することは、なかなか難しいものです。課題を抱える多くのエリアで、ITを活用して新しい事業、新しい証券を生み出す。エンジニアの技術力をもって生み出すサービスは、エリアが抱える課題を解決することが往々にしてあります。

私たちは首都圏で働くエンジニアの「地方移住」を実現させるための転職支援・移住支援を行います!

photo3

シビレるメンバー

Interviewee Profiles

豊田昌代

岡山県高梁市出身。2014年より行政と協同したIT人材の獲得事業に関し、企画立案からプロモーション企画、サイト制作およびキャンペーン企画・運営などを行う。

Interviewee Profiles

鈴木翠

宮城県岩沼市出身。地方移住専門アドバイザーとして、移住希望者とのキャリア面談、人材紹介、転職セミナーの講師などを務める。野菜ソムリエの資格も保有!

Interviewee Profiles

虻川景

神奈川生まれ、静岡育ち。シビレのサービスや仕組みをつくるデザイナー。